河村蜻山 作品と年譜

蜻山 京都時代

  • 1890年(明治23年)
        8月1日 京都市東山区粟田で粟田焼陶工の
        河村卯三郎の長男として生まれる。本名 半次郎。
  • 1904年(明治37年 14歳)
        京都市立陶磁器試験場に第3期伝習生として入学。
  • 1908年(明治41年 18歳)
        陶磁器試験場卒業。父の業を継ぎ、蜻山と号す。
  • 1910年(明治43年 20歳)
        神坂雪佳主宰の佳美会(後の佳都美会)創立に参加。
  • 1913年(大正2年 23歳)
        粟田に独立。
        第1回図案及応用作品展覧会(農展)に入選。
  • 1915年(大正4年 25歳)
        粟田より伏見深草に移り、築窯。
  • 1921年(大正10年 31歳)
        大日本窯業協会京都支部設立。評議員になる。

  • 1924年(大正13年 34歳)
        佳都美会解散。京都美術工芸会創立に加わり、理事となる。
  • 1925年(大正14年 35歳)
        パリ万国装飾美術工芸博覧会で、金賞受賞。
  • 1926年(大正15年 36歳)
        日本工芸美術会創立、地方委員となる。
        日本美術協会審査員。聖徳太子奉賛会第1回展覧会委員。
  • 1927年(昭和2年 37歳)
        第8回帝展において、美術工芸部が開設。2点の作品が入選。
        耀々会創立。
  • 1929年(昭和4年 39歳)
        国際美術協会創立、委員となる。
  • 1930年(昭和5年 40歳)
        帝展の審査員となる。京都美術展覧会審査員。
  • 1931年(昭和6年 38歳)
        京都の工芸団体がまとまり、日本陶芸協会を組織。(総務 河村蜻山)
  • 1933年(昭和8年 43歳)
        陶工対象の解説書「陶器指南」に注釈をつけ、刊行。
        日本陶器株式会社(現 ノリタケ)の顧問を務める。(昭和12年まで)
  • 1935年(昭和10年 45歳)
        日本陶芸協会解散。
  • 1937年(昭和12年 47歳)
        文展審査員となる。

馬水指 我孫子時代

  • 1938年(昭和13年 48歳)
        京都から千葉県我孫子に移り、
        手賀沼湖畔近くの天神山に築窯。
  • 1940年(昭和15年 50歳)
        工芸美術作家協会創立。
  • 1943年(昭和18年 53歳)
        日本美術及工芸統制協会設立、部会委員となる。
  • 1949年(昭和24年 59歳)
        第1回千葉県展が開催され、県展委員を務める。
  • 1952年(昭和27年 62歳)
        日展参事となる。

掻落し 鎌倉時代

  • 1954年(昭和29年 64歳)
        鎌倉に窯を移す。
  • 1957年(昭和32年 67歳)
        現在の地に窯を移し、鎌倉明月窯と命名する。
  • 1958年(昭和33年 68歳)
        社団法人日展評議員となる。
  • 1963年(昭和38年 73歳)
        昭和37年度日本芸術院恩賜賞を受賞。
  • 1965年(昭和40年 75歳)
        日展監事となる。
  • 1966年(昭和41年 76歳)
        勲4等旭日小綬賞を受章。
  • 1967年(昭和42年 77歳)
        8月1日鎌倉で没。