工房紹介

窯場

窯焚き 鎌倉明月窯では、大中小3基の電気窯を使用しています。20年ほど前に、それまであった登り窯を崩しました。 周辺の宅地開発等の影響で、薪の窯を焚くことが困難であることと、 電気窯の焼成で、ほぼ遜色のない焼き上がりが得られるようになったためです。

窯は、1,200℃〜1,250℃まで約24時間かけて昇温します。900℃を超えたあたりから 5〜6時間ほど赤松の薪をくべて、還元焼成します。通常、酸化焼成といわれている織部(緑釉)や黒釉も還元焼成します。

仕事場

ロクロ場

昼間に陶芸クラブ会員の方達で、わいわいとしていた工房も6時くらいには掃除が終わり、すっきりとします。 ここから注文の仕事や窯詰めなど、夜の制作へと入ります。

日が暮れるとうるさく鳴いていたリスや小綬鶏の大声も収まります。 ホー、ホーというフクロウの声やがさごそ歩く狸の気配も、この明月谷ではまだ毎日の出来事です。

作陶

削り

焼き物作りは、ロクロのイメージが大きいですが、実際にロクロの仕事は全体の1〜2割程度です。 土作り、釉薬調合、窯詰め、薪割り、窯焚き、窯出し、仕上げと梱包など様々な仕事があります。

それでも、ロクロはとても大事な工程です。手作りの器は、同じ寸法と形でも、作り手によってその印象がかなり違います。 分かる人がいるかいないかは問題ではありません。作り手本人にとっては、気合いの入る瞬間です。