日々の窯出しから  2015年陶芸クラブ展より -1-

wasizome 日曜日会員 Y.S氏 和紙染葉文鉢

今年度陶芸クラブ展のギャラリーアンケート第1位の作品。 
去年、この和紙染を使って第2位を獲得しました。今年は、さらに研究して完成度を高めています。 クラブ会員としては、若手の一人です。来年も期待しています。

nagazara 水曜日会員 I.K氏 焼〆金銀彩長皿・取り皿

赤土で板作り成形。
焼〆で本焼き焼成のあと、金と銀を用いて上絵付けをして、750℃くらいの低温で焼成します。
クラブ会員最年長 89歳の作品。まだまだ、いろいろな手法に挑戦するレジェンド会員です。
アンケート第2位の作品。

akakuro 木曜日会員 K.K氏 松葉線文花瓶 赤と黒

白土でロクロ成形。形が出来上がったあと、松葉を使って横線を入れています。
ひとつは、灰釉と緑釉を使って辰砂風に、もうひとつは、鬼板を擦り込んで渋い感じに。 アンケート第3位の作品。

tetukioribe 日曜日会員 Y.Nさん 織部手付平鉢

赤土でたたらと手びねりで成形。仕上げは、外側に鉋目を付けて素焼きの後、鬼板で草文の絵付けをしました。
お茶事の懐石で、強肴にちょうど良いと言うお客様がいらっしゃいました。

-1- -2- -3-