− 陶芸クラブの風景と作陶の手順 −

水引 水引き

ロクロを回して成形することを水引きといいます。 
水で手を滑らせながら成形するので、こう呼ぶようになりました。
教室に来られる方が、一番やりたい作業です。
思う形と厚みに作れるようになるためには、少々時間がかかります。
失敗を重ねることが、上達の道です。 といっても、つらい修業の必要はありません。 楽しみながら、ゆっくりと進んでください。

削り 削り

ロクロ成形の後、半乾燥した作品を削って仕上げます。
作品を伏せて、高台を削り出したり、厚すぎるところを調整します。
調子よく削っていると、削りすぎて穴を開けてしまうこともあります。
鉄で作ったカンナという道具を使います。
作るより削りの方が楽しいという会員もいます。

化粧 化粧掛け

成形、削りのあと、白化粧という泥漿を塗っています。
赤土などを白く仕上げたり、刷毛目を付けたり、象嵌したり使い道はいろいろです
必ず必要ではないのですが、人気の手法です。
使い方で、それぞれの個性が出てきます。

絵付け 絵付け

成形、素焼きの後、絵付けをしています。
細かい絵付けの好きな人、さっと大胆に絵付けする人、
絵付けは全然しない人など様々です。
一度釉薬を掛けて、焼成したあとに絵付けをする上絵もあります。

釉掛け 釉掛け

素焼きした作品、絵付けした作品に釉薬を掛けます。
作品の最終仕上げとなる大事な作業です。
釉薬は10数種類の中から、好みの釉薬を選びます。
2種類を掛け分けたり、重ね掛けすることもできます。
ロクロの段階から釉掛けまで、様々な選択肢で
自分だけの作品を作り上げていきます。